仕事に活かせる資格を取ってリストラなんかに負けないビジネスマンとしての体力を身に付けましょう。あなたを守るのはあなた自身です!

インフォメーション

『リストラされないためのビジネス資格』のサイトへようこそ!

当サイトでは、企業に勤めるサラリーマンが、会社勤めを続けるうえで持っておいた方がいいと思われる資格を紹介しています。ところが、会社や仕事内容によって必要とされる資格は違ってくるものです。まずは無料の資料請求で自分に合った資格の詳しい内容を把握することをオススメします。

当サイト人気の資格ベスト5


新着情報

行政書士

行政書士は、企業や個人に代わって、各種許認可・届出書類などを作成し提出手続きをします。たとえば、法人の設立登記、建設業許可、自動車登録、外国人の出入国事務など行政書士が行う業務は多岐にわたり、その種類は約1万種類ともいわれています。

このように、行政に対する事務が非常に複雑化し多様化している現状を考えると、行政書士に対するニーズはますます高まっていると言えます。

行政書士の資格を取得したら独立・開業をする人が多いようですが、企業内においても、総務部門や法務部門などで活躍することができ、企業内において非常に重要なポジションを得ることが出来ます。

行政書士になるメリット

  • 行政に対する各種許認可・届出書類の作成・提出ができる
  • 企業の総務部門や法務部門で活躍できる
  • 就職、転職、昇給、昇格などに有利
  • 身につけた法律の知識を活かし、司法書士、社会保険労務士、司法試験などへステップアップが可能
  • 実力によっては独立・開業も可能

行政書士講座の詳細や無料資料請求はこちら...

ファイナンシャルプランナー(FP)

ファイナンシャルプランナー(FP)は、個人的な資産運用・金融に関する総合的なアドバイスを行います。2002年にファイナンシャル・プランニング技能士として国家資格化されました。

人生には進学、就職、結婚、出産、マイホーム購入など様々なイベントがありますが、それらのイベントには資金的な必要性がある場合が殆どです。ファイナンシャルプランナー(FP)は、顧客から収入・借り入れ・家族構成・資産などの個人情報を受け取り、資金計画を立て、総合的なアドバイスをする非常に重要な仕事を行います。

ファイナンシャルプランナー(FP)になるメリット

  • 幅広い知識が身に付き視野が広がります
  • 銀行、証券会社、生命保険会社などの金融機関、不動産・建設業などの分野において、顧客に対する相談業務に従事出来る
  • 一般企業内において、人事や総務部門などで、年金・社会保険・財形貯蓄の相談業務に従事出来る
  • プランニング業務による相談料収入、雑誌などへの原稿執筆料、セミナーなどの講演料収入などにより、実力次第では独立・開業も可能
  • 就職、転職、昇給、昇格などに有利
  • 自分自身の人生設計が容易になる

ファイナンシャルプランナー(FP)講座の詳細や無料資料請求はこちら...

必要とされるビジネスマンとしての人物像

ここでは、資格とは関係の無いところで、会社などもビジネスの現場において必要とされるビジネスマンの人物像について考えてみます。


(1)性格が良い人、明るい人、元気のいい人

自分1人だけで完結するビジネスというのは、世の中に滅多にあるものではありません。つまり、程度の差はあれ、ビジネスは必ず他者との関わりの中で成立します。そのような時に、職場の中に1人でも性格の悪い人間、暗い人間、元気の無い人間がいると、その職場の雰囲気が悪くなってしまいます。自分の持っている雰囲気というのは必ず他者に伝染します。どうせ伝染してしまうのなら、良い影響を及ぼしたいですね。元気ハツラツとスピード感を持って仕事をしましょう。

元気のいい新入社員が入ってくるだけで職場が活気づくのは、そのような理由からなのです。


(2)時間を守る人

これはビジネスマンとしての基本中の基本ですね。どんなに能力のある人でも、時間にルーズな人とは良い仕事が出来ません。


(3)身なりの綺麗な人

別に高価な服を着る必要はありませんが、清潔感のある服でビジネスをしなければなりません。少なくとも、他者に不快感や嫌悪感を与えるような服装をしてはいけません。


(1)から(3)まで当たり前のことばかりを書いているような気もしますが、ビジネスマンとしての能力はあるのが当然のことであり、(1)から(3)のような些細なところで差が付いていくのかもしれません。

スポンサードリンク

カラーコーディネイター

カラーコーディネイターとは、日常生活で目にするさまざまな色を、その色の特徴や特性に合わせて自由自在に演出する専門家です。色を自由自在に操るために、感性だけに頼ることなく、知識や技能など、理論的背景が要求されます。

カラーコーディネイターが活躍出来る分野は意外に広く、ファッション業界はもちろん、色を駆使した企業のイメージ戦略、新商品開発、店舗などの色彩設計、建築・インテリアの色彩計画など、さまざまな分野のビジネスで必要とされる資格です。

カラーコーディネイターになるメリット

  • ファッション業界、新商品開発、建築・インテリア業界など広い分野で活躍出来る
  • 就職、転職、昇給、昇格などに有利
  • 色にまつわる原稿や記事の執筆の可能性がある
  • 自分の普段の暮らしに彩りをそえるための色遣いや配色が出来るようになる

カラーコーディネイター講座の詳細や無料資料請求はこちら...

国家資格

国家資格とは、国の法律に基づいて国が実施する試験等により、個人の知識や技能や能力が一定の水準以上に達していることを行政が確認し、その結果として行政のその権限に基づいて一定の行為を行うことを許可する資格のことをいいます。法律によって一定の社会的地位が保証されますので、その信頼性は非常に高いものになっています。

国家資格は、法律で設けられている規則により、3つの種類に分類出来ます。

(1)業務独占資格

弁護士、公認会計士、司法書士のように、有資格者以外がその業務を行うことが禁じられている業務を独占的に行うことの出来る資格。

(2)必置資格

宅地建物取引主任者のように、ある事業を行う際に、その企業や事業所に有資格者を必ず置かなければならないことが法律で定められている資格。

(3)名称独占資格

業務そのものは資格がなくても行うことが出来るが、保育士、中小企業診断士など、有資格者以外がその名称を名乗ることが禁じられている資格。

電験(電気主任技術者)

電験は、正式には電気主任技術者といい、電気が安全に使用されるように、事業用電気工作物の工事、維持及び運用に関する専門的な知識を有する者に与えられる資格です。電験1種、2種、3種に分かれています。

事業用電気工作物を設置する事業者は、保安監督のため、電気事業法にて電気主任技術者の選任を義務づけられていますが、有資格者の絶対数が不足しています。最近注目の省エネルギー対策の面でも活躍が期待されており、就職や転職、昇給や昇格で有利になる国家資格です。

電験(電気主任技術者)になるメリット

  • 事業用電気工作物の保安管理業務が出来る
  • 省エネルギー対策に関する業務が出来る
  • ビルメンテナンス会社などへの再就職に有利
  • 電験3種を持っていて、実務経験を積めば電験2種が所得出来る
  • 電験3種を持っていれば、電気工事士試験を目指す時に有利
  • 就職、転職、昇給、昇格などに有利

電験などの通信講座のお申し込み・資料請求はこちら...

衛生管理者

衛生管理者は、労働条件、労働環境の衛生的改善と疾病の予防処置等などを管理し、労働者の健康障害の防止、衛生上の調査及び改善、業務上疾病の原因の調査などを行います。労働安全衛生法により、一定以上の規模の事業所では、必ず衛生管理者を1人以上置くことが義務付けられています。

衛生管理者免許には、対象業務の違いから、衛生工学衛生管理者、第一種衛生管理者、第二種衛生管理者の3種類に分けられています。

衛生管理者は、一般の企業では、総務部門や労務管理部門で働くことになります。労働安全衛生法により衛生管理者を置くことが義務づけられていながら、有資格者の絶対数が不足しており、ニーズの高い資格になっています。

衛生管理者になるメリット

  • 企業内において、総務部門や労務管理部門などで仕事が出来る
  • 法律の規定により常に一定以上のニーズがある
  • 社会保険労務士試験の勉強をする時に役に立つ
  • 就職、転職、昇給、昇格などに有利


第一種衛生管理者講座 3ヶ月10,000円・6ヶ月14,800円

初級シスアド

初級シスアドは、正式には初級システムアドミニストレータといい、ユーザー企業内において、システム利用者の立場から日々の業務効率の改善・向上、現状業務における諸問題の把握・解決などを推進します。

今や規模の大小を問わず、あらゆる職場でパソコンなどのコンピューターが導入されていますが、初級システムアドミニストレータ(初級シスアド)は、情報技術に関する一定の知識・技能を持ち、企業内の情報化をエンドユーザの立場から推進します。

初級シスアドを取得するメリット

  • パソコンの基本操作が覚えられる
  • 企業内においてシステム部門で仕事が出来る
  • 就職、転職、昇給、昇格などに有利

初級シスアド通信講座の詳細やお申し込みはこちら...

ビジネス能力検定

ビジネス能力検定は、通称B検ともいわれ、社会人に必要な仕事の能力を客観的に評価するための検定試験です。

ビジネス能力検定(B検)は、業種・職種を問わず、社会人として必要なビジネスの基礎能力を評価する3級、職場の中堅幹部として仕事の実践力を評価する2級、ビジネスリーダーとしてのマネジメント能力を評価する1級の級別検定で評価します。

試験問題は産学の人材教育の専門家が作っており、各級の試験をステップアップすることによって、確実にビジネス能力を身につけていくことが出来ます。

ビジネス能力検定を取得するメリット

  • ビジネスの実践的な知識とスキルが身に付きます
  • 今後の進路指針の目安になります
  • 就職、転職、昇給、昇格などに有利


ビジネス能力検定2・3級講座 3ヶ月9,300円・6ヶ月12,300円

宅建

宅建は、「宅地建物取引主任者(宅建主任者)」となるための国家試験のことをいい、「宅地建物取引主任者(宅建主任者)」は、宅地建物取引業者(不動産会社)の相手方に対して、宅地又は建物の売買、交換又は貸借の契約が成立するまでの間に、重要事項の説明等を行う国家資格者のことです。

この不動産の権利移転に伴う重要事項の説明や重要事項説明書への記名・押印など、宅地建物取引主任者(宅建主任者)以外は出来ない独占業務があること、そして宅地建物取引業を営む事務所ごとに5人に1人以上の割合で宅建主任者を置くことが法律で義務付けられていることから、宅建は法的裏付けのある非常に重要で魅力的な資格になっています。

宅建(宅地建物取引主任者)を取得するメリット

  • 不動産売買などに関する業務を行うことが出来る
  • 金融機関などにおいて物件の評価業務が出来る
  • 法律の規定により常に一定以上のニーズがある
  • 「マンション管理士」「管理業務主任者」などを目指す場合に有利
  • 就職、転職、昇給、昇格などに有利

宅建通信講座の詳細やお申し込みはこちら...
コスモウォーター 毛ガニ 看護師転職情報 無料引っ越し カニ通販 カーシェアリング 高島屋クリスマスケーキ 料亭おせち 男のムダ毛処理

TOPPAGE  TOP 
RSS2.0