仕事に活かせる資格を取ってリストラなんかに負けないビジネスマンとしての体力を身に付けましょう。あなたを守るのはあなた自身です!

宅建

宅建は、「宅地建物取引主任者(宅建主任者)」となるための国家試験のことをいい、「宅地建物取引主任者(宅建主任者)」は、宅地建物取引業者(不動産会社)の相手方に対して、宅地又は建物の売買、交換又は貸借の契約が成立するまでの間に、重要事項の説明等を行う国家資格者のことです。

この不動産の権利移転に伴う重要事項の説明や重要事項説明書への記名・押印など、宅地建物取引主任者(宅建主任者)以外は出来ない独占業務があること、そして宅地建物取引業を営む事務所ごとに5人に1人以上の割合で宅建主任者を置くことが法律で義務付けられていることから、宅建は法的裏付けのある非常に重要で魅力的な資格になっています。

宅建(宅地建物取引主任者)を取得するメリット

  • 不動産売買などに関する業務を行うことが出来る
  • 金融機関などにおいて物件の評価業務が出来る
  • 法律の規定により常に一定以上のニーズがある
  • 「マンション管理士」「管理業務主任者」などを目指す場合に有利
  • 就職、転職、昇給、昇格などに有利

宅建通信講座の詳細やお申し込みはこちら...

TOPPAGE  TOP 
RSS2.0