仕事に活かせる資格を取ってリストラなんかに負けないビジネスマンとしての体力を身に付けましょう。あなたを守るのはあなた自身です!

経理・会計・経営に関する資格

ファイナンシャルプランナー(FP)

ファイナンシャルプランナー(FP)は、個人的な資産運用・金融に関する総合的なアドバイスを行います。2002年にファイナンシャル・プランニング技能士として国家資格化されました。

人生には進学、就職、結婚、出産、マイホーム購入など様々なイベントがありますが、それらのイベントには資金的な必要性がある場合が殆どです。ファイナンシャルプランナー(FP)は、顧客から収入・借り入れ・家族構成・資産などの個人情報を受け取り、資金計画を立て、総合的なアドバイスをする非常に重要な仕事を行います。

ファイナンシャルプランナー(FP)になるメリット

  • 幅広い知識が身に付き視野が広がります
  • 銀行、証券会社、生命保険会社などの金融機関、不動産・建設業などの分野において、顧客に対する相談業務に従事出来る
  • 一般企業内において、人事や総務部門などで、年金・社会保険・財形貯蓄の相談業務に従事出来る
  • プランニング業務による相談料収入、雑誌などへの原稿執筆料、セミナーなどの講演料収入などにより、実力次第では独立・開業も可能
  • 就職、転職、昇給、昇格などに有利
  • 自分自身の人生設計が容易になる

ファイナンシャルプランナー(FP)講座の詳細や無料資料請求はこちら...

簿記

簿記は、帳簿に記録するから「簿記」と言われているとおり、商取引に関わるお金の動きを整理・記録して帳簿に記録するための手段です。簿記のルールに則って企業の営業活動を帳簿に記録することにより、企業の財務内容や経営判断が可能になります。

企業が利益を目的として営まれているために、その企業の営業活動のあらゆる場面で簿記の知識は必要になってきます。簿記の知識が必要なのは何も経理部門だけに限りません。営業部門や販売部門、工場の管理部門など、企業のあらゆる部門で簿記の知識が必要とされています。

簿記は、取っておいて損のない、あらゆるビジネスマンに必須のスキルです。

日商簿記検定を取得するメリット

  • 簿記は、ビジネス全般で必要不可欠な知識
  • 事務系の仕事(特に経理関係の仕事)をする時に有利
  • 企業の財務内容が理解出来るようになる
  • 就職、転職、昇給、昇格などに有利
  • 事務系のシステム開発をする時に必要不可欠な知識
  • 税理士、公認会計士、ファイナンシャルプランナーなどへステップアップ出来るスキルが身に付く

簿記通信講座の詳細やお申し込みはこちら...


Page: 1

TOPPAGE  TOP 
RSS2.0