調剤薬局事務は、家事や育児と両立がしやすくて、
女性が働きやすい仕事です!

調剤薬局で働く人たち勤務時間・場所を選びやすく、働きやすいと評判の調剤薬局事務。特に、女性にとって、結婚・出産後でも安心して働けて、家事や育児と両立がしやすく、しかも生涯役に立つ技能として、調剤薬局事務は高い人気になっています。

当サイトでは、高い人気の調剤薬局事務の仕事内容、講座特長、学習内容、就業などを紹介しています。

調剤薬局事務の仕事を行うための調剤事務管理士資格取得の早道は、通信講座で学習することです。当サイトから、各種調剤薬局事務通信講座の資料請求(無料)が出来るようになっていますので、是非活用してください。

調剤薬局事務の仕事内容

医療機関で出される処方箋と引き換えに薬を提供する調剤薬局。調剤薬局事務とは、この調剤薬局で「調剤報酬請求事務(レセプト作成)」などを行います。薬剤師をサポートし、受付や会計を行うなど、調剤薬局事務が担当する業務は多岐にわたります。

調剤薬局事務に求められるスキル

調剤薬局事務の主な仕事が調剤報酬請求事務(レセプト作成)であることから考えると、レセプトの作成スキルは当然として、保険調剤、医療保障制度、介護保険制度などの知識も要求されます。また、薬剤の基礎知識、医学の知識、関連法規、そして、業務で使用することの多いコンピューターの基礎的な知識も必要になります。

調剤薬局事務のメリット

1)学歴・実務経験不問

調剤薬局事務の仕事をするための調剤事務管理士資格では、受験資格が特に問われません。実務経験や学歴に関係なく、誰でも調剤薬局事務にチャレンジできます。

2)ニーズが高い

ほとんどの場合、医療機関で診察を受けて処方箋を受け取り、その処方箋をもとに調剤薬局で薬を受け取るというように医薬分業が進められています。この医薬分業には様々なメリットがあるために、国の政策としても推進されています。つまり、調剤薬局事務のニーズもますます高まっているということです。

3)場所と働き方を選ばない

特殊な医療機関の場合を除き、ほとんどの医療機関の診察時間は似たり寄ったりなので、調剤薬局の勤務時間もほぼ一定になっています。このため、家事や育児との両立がしやすい勤務形態になっています。また、医療機関は全国各地にあるので、家庭の事情で引っ越しを行っても再就職が比較的容易になっています。

調剤薬局事務 資格取得のポイント

1)まずは情報収集

調剤薬局事務の試験(調剤事務管理士 技能認定試験)に合格するためには、通信講座で勉強することが一番の近道です。しかし、ひとくちに通信講座といっても何種類もあって、どの通信講座にしたらいいのか迷ってしまいます。そこで当サイトでは、各種調剤薬局事務講座の資料請求ができるようになっています。ひと通り各種調剤薬局事務講座の資料を請求して比較検討し、自分に合った通信講座を選びましょう。

ヒューマンの通信講座 『調剤事務』の通信講座の資料を請求する(無料)
シカトルの調剤薬局事務の通信講座の資料を請求する(無料)
がくぶんの調剤薬局事務の通信講座の資料を請求する(無料)
資格と仕事.netの調剤薬局事務の通信講座の資料を請求する(無料)

2)技能認定振興協会(JSMA)が試験実施

技能認定振興協会(JSMA)では、医療・福祉関連事務に携わる人々の技能と社会的地位の向上を目的として技能認定試験を実施しています。「調剤事務管理士」などの資格は、医療・福祉関連機関で働く個人の技能を客観的に判断できるものとして、医療機関や企業などから高く評価されています。

3)受験チャンスは、年6回

調剤薬局事務の試験(調剤事務管理士 技能認定試験)の受験チャンスは、1年回に6回(奇数月の第4土曜日)ありますので、調剤薬局事務講座修了に合わせての受験が可能です。

4)学科試験と実技試験

調剤薬局事務の試験(調剤事務管理士 技能認定試験)は、調剤報酬明細書の作成を行う実技試験、筆記(択一式)の学科試験に分かれています。実技試験、学科試験ともに資料などを参考にしての答案作成が認められています。

調剤薬局事務への就業

主な就職先

調剤薬局、ドラッグストア、大学病院、総合病院、医院など薬科のついている医療機関など。

雇用形態

正社員、パートなど。


無料の資料請求がこちらからできます!

後で後悔しないためにも、ここでひと通りの資料請求をして内容を比較検討することをお勧めします!


ヒューマンの通信講座 『調剤事務』の通信講座の資料を請求する(無料)



シカトルの調剤薬局事務の通信講座の資料を請求する(無料)



がくぶんの調剤薬局事務の通信講座の資料を請求する(無料)



資格と仕事.netの調剤薬局事務の通信講座の資料を請求する(無料)