宅地建物取引主任者(宅建):カテゴリー

宅地建物取引主任者(宅建主任者)

土地や建物などの不動産取引を仲介


宅地建物取引主任者土地や建物などの不動産取引の仲介は、宅建主任者のみが行える独占業務です


宅地建物取引主任者(宅建主任者)は、不動産関係の仕事をするためには必須の資格です。何故ならば、宅建業(不動産業)を営むこと及び、不動産の取引は宅地建物取引主任者(宅建主任者)にしか行えないからです。特に、不動産に資産価値のある日本においては、宅地建物取引主任者(宅建主任者)は、常に高いニーズと人気をほこる資格になっています。


宅地建物取引主任者(宅建主任者)仕事の特徴など

宅地建物取引主任者(宅建主任者)だけが行える三つの独占業務が法律で決められています。


■重要事項の説明

■重要事項の説明書面への記名・押印

■37条書面(契約書)への記名・押印


また、宅建業(不動産業)を営む事業所においては、従業員の5人に1人以上の割合で専任の宅地建物取引主任者(宅建主任者)を置くことが法律で義務づけられています。このために、景気の動向に関わらず、常に一定以上のニーズのある仕事です。

宅地建物取引主任者(宅建主任者)には、次のような分野での活躍が期待されています。


■不動産業界

 ~ 宅建業(不動産業)、建設業、住宅メーカーなど

■金融業界

 ~ 銀行・保険・証券会社など

■独立して不動産業を開業


宅地建物取引主任者(宅建主任者)試験について


【受験資格】

制約はありません。誰でも受験できます。


【試験の方法】

四肢択一、50問の筆記試験(登録講習修了者は45問)


【試験日程】

毎年1回、10月の第3日曜日に実施


【受験地】

全都道府県に試験会場を設置


【受験料】

7,000円


【問い合わせ先】

財団法人 不動産適正取引推進機構

宅建合格を目指すなら早いスタートが有利です!
↓ 10月受験に備えて今すぐスタートを切りましょう。資料請求はこちら! ↓


Page: 1
フィード