土地家屋調査士:カテゴリー

土地家屋調査士

不動産の表示に関する登記を行う専門家


土地家屋調査士土地家屋調査士は、不動産登記に必要な調査・測量を行うプロフェッショナルです


土地家屋調査士は、顧客の依頼に基づき、土地などの不動産の表示に関する登記に必要な調査・測量をして、図面作成や申請手続きを行います。個人の大切な資産である土地や建物などの不動産を守る存在として、社会的な評価も高く、高収入が期待できる国家資格です。


土地家屋調査士の働く場所や雇用形態など

働く場所としては、土地家屋調査士事務所となりますが、独立開業も可能です。土地家屋調査士の仕事内容は不動産登記に関するものだけに、司法書士・測量士・測量士補、一級建築士・二級建築士などの資格を併せ持つと、より収入に結びつきやすくなります。


土地家屋調査士試験について

【受験資格】

制約はありません。誰でも受験できます。口述試験は、筆記試験合格者のみに実施されます。ただし、午後試験は測量士・測量士補、一級建築士・二級建築士の有資格者は免除されます。


【試験内容】

民法、不動産の表示に関する登記についての知識、平面測量や作図についての知識、技能などに関する筆記試験が行われます。筆記試験合格後に口述試験が行われます。


【試験日程】

筆記試験は、8月下旬頃に午前試験と午後試験が同じ日に行われます。
口述試験は、11月中旬頃に筆記試験(午前試験、午後試験)の合格者に対して行われます。


【受験地】

各法務局管轄の受験地。


【合格率】

8.05%(平成19年度)
8.03%(平成20年度)


【問い合わせ先】

各管区法務局、地方法務局





Page: 1
フィード