不動産鑑定士:カテゴリー

不動産鑑定士

土地や建物の鑑定評価を行う専門家


不動産鑑定士不動産鑑定士は、不動産の鑑定やコンサルティングを行う専門家です


不動産鑑定士は、不動産の権利関係やその経済価値に関する専門家です。不動産の鑑定評価は、不動産鑑定士の独占業務となっており、不動産鑑定士以外の者が不動産の鑑定評価を行えば、刑事罰の対象となります。このことからも、不動産鑑定士には常に高いニーズと信頼が寄せられています。


不動産鑑定士の働く場所や雇用形態など

不動産鑑定士が従業員として働く場合は、不動産鑑定事務所、不動産会社、コンサルティング会社などがあります。従業員として働き、不動産鑑定士としての経験を積み、独立開業するケースも多くなっています。


不動産鑑定士試験について

【受験資格】

短答式試験は特に制限はありません。論文式試験は、短答式試験に合格した者及び短答式試験免除者のみ受験出来ます。


【試験内容】

(1)短答式
  行政法規、鑑定理論

(2)論文式
  民法、経済学、会計学、鑑定理論


【試験日程】

(1)短答式  5月の第2日曜日
(2)論文式  8月の第1日曜日を含む土・日・月曜日の連続する3日間


【受験地】

(1)短答式  全国10会場(北海道、宮城県、東京都、新潟県、愛知県、大阪府、広島県、香川県、福岡県及び沖縄県)
(2)論文式  全国 3会場(東京都、大阪府、福岡県)


【合格率】

10.1%(平成20年度)


【問い合わせ先】

都道府県主管課





Page: 1
フィード