プログラマー:カテゴリー

プログラマーの資格と仕事

プログラミング言語を用いて、

実際にプログラムを作るお仕事です

プログラミング作業中の男性細かくて緻密な作業が好きな人に向いている仕事です


プログラマーは、システムエンジニア(SE)が作成したシステム設計書やプログラム仕様書に基づき、プログラム言語を用いてプログラムを作成します。実際の仕事の現場では、一部のプログラム仕様書の作成、プログラム作成後のテスト環境の設定とテスト作業などもプログラマーの仕事に含まれる場合があります。プログラムの開発内容や規模などによって使用するプログラミング言語が違う場合があり、新たなスキルの修得を求められることもあります。


プログラマーで必要とされるスキルと資格

実際にプログラムが組めることが重要なので、資格が無くてもプログラマーの仕事は出来ます。しかし、プログラミング言語の修得が必須です。C、C++、Visiual Basicなど様々なプログラミング言語があり、Web系のプログラミング言語としては、PHP、Java、XML、Perlなどがよく知られています。使いこなせるプログラミング言語が多いと、それだけプログラマーとしての需要も高くなります。資格としては「Javaプログラミング能力認定試験」「C言語プログラミング能力認定試験」「VisualBasicプログラミング能力認定試験」などがあります。


プログラマーの適性と資質

プログラムは小さなミスでも正しく動かないので、緻密な作業を正確に持続して行える根気強さがプログラマーに求められます。

また、プログラマーはチームで仕事をすることが多いので、コミュニケーション能力や協調性が必要です。システム開発の規模が大きくなるにつれて、開発メンバー間の連携が非常に重要になってきます。いちプログラマー単独の仕事というのは、まずはあり得ないというのが現状です。


プログラマーになるためにやるべきこと

簡単なプログラムならば、独学でも充分身に付くと思いますが、仕事で使えるほどのプログラミング能力ならばそうはいきません。プログラミング言語の講座が充実したパソコンスクールで勉強するのが一番の近道です。

仕事の内容にもよりますが、プログラミング言語に詳しいだけでは良いプログラマーにはなれません。システムエンジニア(SE)が作成したシステム設計書やプログラム仕様書に基づいてプログラムを作成するとはいえ、プログラミングの背景にある業務知識もある程度は必要です。たとえば、一般企業の事務計算のプログラムを作成するには、簿記や会計に関する知識が必要です。


プログラマーの待遇

システム開発を請け負う会社で正社員として働く場合や派遣会社に登録して働く場合、クライアントのシステム部門で正社員として働く場合などがあります。正社員の場合も派遣社員の場合も、能力や経験や実力などで給料の額が変わってきます。派遣社員として登録された場合の時給は2,000円程度が見込めます。





Page: 1
フィード