システムエンジニア(SE):カテゴリー

システムエンジニア(SE)の資格と仕事

システムの企画・提案・設計を行う仕事です

システム開発作業中のシステムエンジニア経験を積み重ねながら、資格取得を目指していくと、信頼されるシステムエンジニアになれます

業務効率化を図る場合や新規事業開始などの場合に、クライアントからの依頼に基づき、現状の業務の流れを見直したり、コンピューターやソフトウェアによるシステムの企画・提案・設計などを行うのがシステムエンジニア(SE)の仕事です。新規にコンピューターシステムを開発するだけがシステムエンジニア(SE)の仕事ではなく、稼働中のシステムの改造・改善・機能追加なども行います。


システムエンジニア(SE)に必要とされるスキルと資格

開発を担当するシステムで使用するプログラミング言語は全部知っておかなければなりません。これは、プログラミング言語の特徴・長所・短所などを知らないとシステム設計や開発が出来ないからです。また、クライアントに関する業務知識及びその属する業界全体の知識も知っておく必要があります。

資格が無くてもシステムエンジニア(SE)になることは出来ますが、「情報処理技術者試験/基本情報技術者試験」「情報処理技術者試験/ITストラテジスト試験」「情報処理技術者試験/プロジェクトマネージャ試験」などを取得しておくと、広範囲な技術やスキルを持っていることの証明になり、クライアントからの信頼も得られやすい。


システムエンジニア(SE)の適性と資質

システムエンジニア(SE)は、クライアントとの打ち合わせを重ねながらシステムを設計・構築していきます。このため、システムエンジニア(SE)には高いコミュニケーション能力が要求されます。また、システムエンジニア(SE)は開発チームのリーダーとしての役割もあるため、開発チームのメンバーを率いるリーダーシップも要求されます。


システムエンジニア(SE)になるためにやるべきこと

まったくの初心者がいきなりシステムエンジニア(SE)を目指すことは考えにくく、通常はプログラマーとしてのスキルを磨きつつ、業務経験を積み重ねながらシステムエンジニア(SE)へと成長していきます。そのためには、まずはプログラミング言語を駆使してキチンとしたプログラムが組めること、これがシステムエンジニア(SE)への第一歩となります。


システムエンジニア(SE)の待遇

システムエンジニア(SE)はプログラマーと同様、システム開発を請け負う会社で正社員として働く場合や派遣会社に登録して働く場合、クライアントのシステム部門で正社員として働く場合などがあります。正社員の場合も派遣社員の場合も、能力や経験や実力などで給料の額が変わってきます。派遣社員として登録された場合の時給は2,100円程度が見込めますが、通常その時給はプログラマーよりも高いものになります。





Page: 1
フィード