データベースエンジニア:カテゴリー

データベースエンジニアの資格と仕事

データベース設計・開発のスペシャリスト

データベースエンジニアオラクルマスターを取得し、経験を積み重ねれば日給5万円も夢ではありません

データベースエンジニアは、データベース開発の専門家であり、企業が持つ膨大な顧客情報や製品情報などを格納したデータベースの設計・構築・運用などを行います。データベースは企業の生命線ともいえる非常に重要なものなので、データベースエンジニアは責任重大です。しかし、経験と資格に裏付けされたその実力には、かなり高額な収入が期待出来ます。


データベースエンジニアに必要とされるスキルと資格

リレーショナルデータベースの分野で需要の高いオラクルの技術者認定資格「オラクルマスター」、「情報処理技術者試験/データベーススペシャリスト試験」を取得していると、高い評価と信頼が得られます。


データベースエンジニアの適正と資質

データベースは、一旦障害が起きると、クライアントの業務がストップするなどの重大な影響が発生します。そのため、障害発生時でもテキパキと対応出来る冷静沈着さが必要です。また、データベースは技術革新が早い分野なので、新しい技術を進んで身につける積極性も必要です。


データベースエンジニアになるためにやるべきこと

データベースエンジニアを目指すのであれば、「オラクルマスター(シルバー)」の取得が必須です。そのためには、「オラクルマスター(シルバー)」資格取得講座のあるパソコンスクールで勉強するのが一番の近道。「オラクルマスター(シルバー)」取得後は、現場での業務経験を積み重ねながら、上級資格である「ゴールド」「プラチナ」の取得を目指します。


データベースエンジニアの待遇

システム設計や開発を請け負う会社で正社員として働く場合が多いと思われますが、派遣社員として、自由な立場でキャリアを積み重ねていく方法も珍しくはありません。「オラクルマスター」の中でも上級資格である「ゴールド」「プラチナ」への合格を条件としたオラクル製品を扱う技術者として働く場合は日給5万円も夢ではありません。





Page: 1
フィード