セキュリティ技術者:カテゴリー

セキュリティ技術者の資格と仕事

ネットワークのセキュリティを守る仕事です

セキュリティ技術者シスコ技術者認定試験に合格し、外資系の会社に入社出来れば、高収入が見込めます

複数代のパソコンが繋がったネットワークシステムにおいては、外部への公開サーバやイントラネットを、外部からの不正アクセスやデータ改ざん、ウィルスの脅威などから守ることが非常に重要な仕事になります。

そのためにセキュリティ技術者は、ファイアウォールなどのセキュリティ製品の評価・導入・運用、認証・アクセス制御に関するシステムの設計・構築・運用などを行います。


セキュリティ技術者に必要とされるスキルと資格

セキュリティ技術者になるためには、その前提として、コンピュータのOSに関する技術、ネットワークやインターネットに関する技術を身につけておくことが必要になります。特に、ネットワークに関しては、シスコシステムズ社の製品に関する知識も必要となります。資格としては、「シスコ技術者認定」に合格すると、セキュリティに関する知識とスキルの証明となり、高い信頼性が得られます。


セキュリティ技術者の適正と資質

セキュリティの分野は非常に技術革新が激しくなっています。そのために、新しい技術を進んで身につける積極性が何よりも大切です。また、セキュリティに関する事故が発生すれば、クライアントの企業イメージは一気に損なわれてしまいます。セキュリティ技術者は、何があってもテキパキと対応出来る冷静沈着さが必要になってきます。

また、セキュリティに関する新技術は海外から入ってくることが多いので、ある程度の英語力があると非常に有利な立場に立つことが出来ます。


セキュリティ技術者になるためにやるべきこと

セキュリティとネットワークは非常に密接な関係にあるので、ネットワークエンジニアからセキュリティエンジニアへとステップアップする方法が一般的です。その際、現場での経験を積み重ねながら、シスコ技術者認定試験の合格を目指します。また、シスコ技術者認定試験の合格を目指す講座のあるパソコンスクールで勉強するのも良い方法です。


セキュリティ技術者の待遇

インターネット関連やネットワーク関連のシステム構築を得意とする会社で正社員として働く方法が最も一般的です。また、派遣社員に登録をし、自分の専門性を発揮しながらキャリアアップを目指す働き方も多い。

シスコ技術者認定試験のCCIE (Cisco Certified Internetwork Expert)に合格したあと、外資系の会社に就職できれば、非常に高い給料が見込めます。





Page: 1
フィード