サポートエンジニア・ヘルプデスク:カテゴリー

サポートエンジニア・ヘルプデスクの資格と仕事

ユーザーのトラブル解決をサポートする仕事

サポートエンジニア・ヘルプデスク派遣社員への需要が多い職種です。高いコミュニケーション能力が要求されます。

パソコンのハードやソフトのトラブル、クライアントの業務システムのトラブル解決をサポートする仕事です。特に、法人のクライアントとのサポート契約に基づき、業務システムの保守・点検をする仕事をサポートエンジニア、コールセンターで一般ユーザーからの問い合わせなどに対応する仕事をヘルプデスクと言います。


サポートエンジニア・ヘルプデスクに必要とされるスキルと資格

パソコンのハードやソフト、クライアントの業務システムに関するトラブル解決をサポートすることから考えると、それらに関するある程度の知識が必要です。特に、シェアの大きいマイクロソフトの製品の知識があると応用範囲が広がります。しかし、何よりも大切なのは、電話やメール、場合によっては対面で人を相手にする仕事なので、高いコミュニケーション能力が必要なことです。

資格としては、「情報処理技術者試験/ITパスポート試験」、「情報処理技術者試験/基本情報技術者試験」、「マイクロソフト オフィス スペシャリスト(MOS)」、「マイクロソフト・オフィシャル・トレーナー(MOT)」などを取得しておくと、就職や転職、昇格や昇給などの時に有利になります。


サポートエンジニア・ヘルプデスクの適正と資質

サポートエンジニア・ヘルプデスクは、パソコンを使った仕事の中では、パソコンに関する高いスキルが必ずしも要求されない仕事です。しかし、人を相手にする仕事なので高いコミュニケーション能力が要求されます。人に会うことが好き、人と話をすることが好きな人であれば申し分ありません。


サポートエンジニア・ヘルプデスクになるためにやるべきこと

パソコンに関する高いスキルは必ずしも要求されないといっても、パソコンに関してまったくの初心者ではさすがに、この仕事は出来ません。初級システムアドミニストレーター試験(初級シスアド)、基本情報技術者試験、マイクロソフトオフィススペシャリスト、マイクロソフト・オフィシャル・トレーナー(MOT)などの資格取得講座のあるパソコンスクールで勉強するのが一番の近道です。


サポートエンジニア・ヘルプデスクの待遇

パソコンメーカーやソフトウェアメーカーのサポートセンターやコールセンターで正社員や派遣社員として仕事をする場合が多いようです。また、メーカーからユーザーサポート業務を一括して請け負うアウトソーシング会社で仕事をする方法もあります。派遣社員に対する需要の多い職種ですので、自由な立場でキャリアを積み重ねていきたい人に向いている職種です。





Page: 1
フィード