Javaプログラミング能力認定:カテゴリー

Javaプログラミング能力認定試験

試験概要

サーティファイ情報処理能力認定委員会が実施するJavaプログラミング能力認定試験は、「Javaに関する基本知識を有し、オブジェクト指向に基づくアプレットやアプリケーションプログラムを作成できる能力を認定します。」


資格の種類

民間資格


試験のレベル

合格率 36.9%(平成19年度平均)


受験資格

特になし。誰でも受験できます。


試験科目や試験形式など

【3級】
 ・Java言語の基本的な知識を有し、簡単なプログラムが書けるレベル
 ・オブジェクト指向の基本的概念を理解
 ・多肢選択のマークシート方式、大問6問程度


【2級】
 ・Javaを用いた小規模プログラム(アプリケーション、アプレット)を適切に書けるレベル
 ・オブジェクト指向に関する一般的概念を理解しているかどうか
 ・多肢選択のマークシート方式、大問7問(6問必須,1問選択)


【1級】
 ・オブジェクト指向に基づく分析・設計(UML)、変更仕様に従ってプログラムの保守ができるレベル
 ・パソコンを使用しての実技試験、2問


合格後に目指せる仕事

プログラマー

制御系エンジニア


特記事項

Javaプログラミング能力認定試験の1級に合格するとハイライセンスシールが発行されます。ハイライセンスシールは、その保有する資格やスキルをアピールするために、名刺や身分証などに貼り付けて使用するシールです。





Page: 1
フィード