医療事務は、女性が働きやすい仕事です!


医療事務の仕事をする女性勤務時間・場所を選びやすく、働きやすいと評判の医療事務。特に、女性にとって、結婚・出産後でも安心して働けて、しかも生涯役に立つ技能として、医療事務は高い人気になっています。

当サイトでは、高い人気の医療事務の仕事内容、講座特長、学習内容、就業などを紹介しています。

医療事務資格取得の早道は、通信講座で学習することです。当サイトから、各種医療事務通信講座の資料請求(無料)ができるようになっていますので、是非活用してください。

医療事務の仕事内容

ひとことで医療事務といいますが、その仕事内容は多岐にわたっており、医療事務(メディカルクラーク)無しでは、医療現場の仕事はまわりません。その仕事内容は主に次の6つに分けられます。


会計業務

診療費のうち、患者側が負担する部分を計算して徴収します。ミスの許されない大変重要な仕事です。

診療報酬請求業務

健康保険組合や国に提出する請求書・レセプト(診療報酬明細書)の作成から請求までを行います。

オペレータ業務

診療や投薬に関する情報、患者に関する情報などを、カルテや処方箋から読み取ってコンピュータに入力します。

受付業務

一般の人が「医療事務」と聞いて最初に思い浮かべるのがこの受付業務でしょう。その仕事内容は、患者を病院に迎え入れ、保険証の受け渡し、受診の案内、カルテの準備など、病院の顔ともいえる大切な仕事です。

病棟クラーク

特に大きな病院で見られる仕事です。外来患者や入院患者の診察室や検査室への案内、診察内容のコンピュータ入力、入退院時の手続きなど、医療の最前線で行われる大切な仕事です。看護師の事務作業のサポートを行う場合もあります。

カルテ管理

速やかな診察のために、カルテの整理や検索などを行います。カルテには患者の個人情報が掲載されているために、その扱いには慎重さと正確さが要求される重要な仕事です。

医療事務のメリット

矢印正社員、派遣社員、パートなど、様々な求人があり、状況に応じた働き方を選べる

矢印病院や医院は全国各地にあるので、引っ越しなどの場合にも職探しが比較的容易

矢印常にニーズのある職種なので、長く安定して働くことができる

矢印景気の影響も受けにくい

矢印結婚や出産などで一度退職した後でも再就職が比較的容易

矢印年齢もあまり関係なく働くことができる

医療事務取得のポイント

1)まずは情報収集
医療事務の試験に合格するためには通信講座で勉強することが一番の近道です。しかし、ひとくちに通信講座といっても何種類もあって、どの通信講座にしたらいいのか迷ってしまいます。そこで当サイトでは、各種医療事務通信講座の資料請求ができるようになっています。ひと通り各種医療事務通信講座の資料を請求して比較検討し、自分に合った通信講座を決めましょう。

ヒューマンの通信講座 『医療事務』の資料を請求する(無料)
ニチイの医療事務通信講座の資料を請求する(無料)
資格と仕事.netの医療事務通信講座の資料を請求する(無料)
シカトルの医療事務通信講座の資料を請求する(無料)
がくぶんの医療事務通信講座の資料を請求する(無料)

2)日本最大級の医療事務試験
財団法人の日本医療教育財団が実施する「2級医療事務技能審査試験」は、全国の医療・ビジネス系の大学や専門学校などで年間約50,000人が受験する、国内最大級の全国統一試験です。医療現場からの信頼も厚く、合格者への評価も抜群の医療事務試験です。

3)受験チャンスは毎月
受験チャンスは毎月(いずれも土曜日)やってきますので、医療事務講座修了に合わせての受験が可能です。

4)教材の持ち込みOK
医療事務技能審査試験では、知識がきちんと身に付いているかが問われます。このため、試験はテキストの持ち込み自由で行われ、丸暗記をする必要がありません。このような試験では、スピーディかつ正確に点数計算ができる当講座の「定理・点数マスター方式」のテキストが、大変有利です。
※実技のみ、教材の持ち込みができなくなっています。

医療事務への就業

主な就職先

各種病院や調剤薬局など

雇用形態

常勤(正社員)や非常勤(パート、アルバイト、派遣)など、自分のライフスタイルに合った働き方を選択できます。 医療保険請求業務やレセプト作成業務のほか、会計業務、医療OA事務など、幅広くて確かな知識やスキルを身につければ、その技能を生かして転職や再就職にも有利です。

収入の目安

医療機関によっても差がありますが、月に7日間の勤務で5~7万円程度の収入になります。